大台バッジサムネ

大台スキー場のバッジテストを合格するための、コツと注意点とは?

  • 「大台スキー場でバッジテストに合格したい!」
  • 「合格するためのコツはなんだろ?」
  • 「バッジテストは、お金かかるから、一発で合格したいな!」
  • 「各種目の注意点はなんだろ?」

雪質を苦にせずに、スノボのスクールスタッフのイケてるカービンターンを見ると、バッジテストに興味を持たれるのは当然ですよね。

昔の筆者
昔の筆者です

この記事で、大台スキー場のバッジテスト合格のコツと注意点を教えますよ。

筆者は、バッジテスト上位の、TECH.TESTに合格しています。

各種目のコツと、注意点は○○です。

コツと注意点を把握して、バッジテストをサクッと一発で合格しましょう!

筆者はバッジテスト2級と1級ともに大台で、一発合格&オール加点合格しています。

JSBAバッジテスト2級受験時の結果
バッジテスト2級合格。BIB番号は21です。70点以上は加点が必要
JSBAバッジテスト1級受験時の結果
バッジテスト1級合格。BIB番号は11です

スポンサーリンク

つまらないので見ないでください!バッジテスト概要

大台スキー場
大台スキー場でバッジテストに合格しよう!

バッジテストとは、1級~5級までのレベルごとにスノーボード滑走のレベルチェックをする技術認定テストです。

1級に合格するとインストラクターの受験資格が得られます。

また、2級~5級のどの級からでも受けられますが、2級以上はJSBA会員登録が必要です。会員登録は1年中受け付けています。

なお、バッジテストは公認・認定スノーボードスクールで行われています。

それぞれのスノーボードスクールによって日程が違うので、事前に電話やホームページで確認しておきましょう。

引用元:JSBA

上記は、バッジテストの説明になります。

この記事は「大台スキー場で、バッジテスト2級と1級を合格」するための「あなただけの記事」になります。

「大台スキー場」に特化していますので、注意されてください。

バッジテストは「ロングターン」「ショートターン」「フリーライディング」

この3種目で、構成されています。

合計点数が、210点以上になれば合格です!

つまり、「ロング」「ショート」「フリーライディング」の種目を、70点前後とればバランスが良いですね。

点数は、以下のようなルールです。

  • 点数は「0,5点」刻み
  • 最高点数は73点(推測)
  • 最低点数は67点(推測)
  • 69.5点+70.5点+70点=210点(合格)
  • 71点+71.5点+68.5点=211点(合格)
  • 68点+68.5点+73点=209.5点(不合格)

点数は各種目、70点を目指すのがベストですね。

では具体的に、各種目のコツと注意点を解説します。

スポンサーリンク

ご紹介!ロングターンのターン構成

ターン構成
ターン構成

ターン構成は「谷回り」「ターンピーク」「山回り」で構成されています。

  • 板を下に落とす=谷回り
  • 板に圧をかける=ターンピーク
  • 板の圧を抜いて、板を走らせる=山回り

これが普段ターンをしている時の、体の動きですね。

意識的にも、無意識的にも行われていると思います。

そうしないと、滑れないし、ターンできませんからね。

このターンの動きを少し、意識していただきます。

検定バーンを上から見る
検定バーンを上から見る

板が落ちた→低い姿勢になる→立ち上がって次のターン動作に入る

これが斜面の真ん中に向かって、圧を抜いていく(立ち上がる)イメージです。

真ん中にきたら、次のターンの準備に入りましょう。

具体的には、「板を下に落とす」でしたね。

この動作を意識すると、自然と均一なターン弧が描けますよ。

1級を受験される場合は、ターン弧の回数指定があります。

具体的には「4ターン」ですが、練習ではあまり意識せず、上記の方法で滑ってみてください。

自然と4ターンになりますよ。

※4ターンとは?=カカト側のターン→つま先側のターン→カカト側のターン→つま先側のターン。

これで、4ターンになります。

この方法で検定バーンを3ターンだったり、5ターン以上だったりで滑ってしまう場合は、素直にスクールを受講しましょう。

独学で10回滑るよりも、価値があります。

「ヒールサイド(カカト側のターン)がズレちゃう問題は?」

ヒールサイドのズレは、○○と○○でカンタンに解決します。

興味のある方は、こちらをどうぞ。

関連記事

カービングターンを練習していると、以下の問題に悩まされませんか?「ヒールターンでズレる」「ヒールでガガガ」「ズレないように滑りたい」「山回りでいつも板が抜けちゃう」「山回りで失速しちゃう」「山回りに入るとき凄い抵抗を感じる」[…]

ヒールサイドターンピーク
スポンサーリンク

ショートターンでオススメのラインがあるのを、ご存じでしょうか?

ショートターンのライン
ショートターンのラインは、ど真ん中がベスト

この検定バーン、実は傾いた斜面になっています。

左側に傾く斜面

ロングターンをすると、傾きを体感しやすいです。

ロングターンのところで、この事を書かなかったのは、ここまで記事を読んでいただいた、あなただけのサービスですよ。

ゴール地点も真ん中ですし、たくさんの受験生をみてきましたが、みなさん真ん中を滑っていますね。

※ちなみに私は、大台のインストラクターではありません

何より、私自身が「左端」「真ん中」「右端」すべて滑ってみて、一番滑りやすいと思ったのが、真ん中でした。

参考にされてくださいね。

スポンサーリンク

バッジテスト2級以上に必要な、ベーシックターンとは?

ベーシックターンとは「沈み込んで荷重」して、板へ圧をかける。

「立ち上がって抜重」して、板を開放する。

疑問を感じる
意味がわからん。

「ちょっと何言っているか、わからない」

このように思われると思います。

この辺の理論はイントラさんにお任せして、実用的なターン動作の解釈をしますね。

実用的なベーシックターンの考え方とは?

結論は以下になります。

  • ターン中に安定したポジションを得るために、低くなる
  • 低くなったことで、立ち上がりやすくする

バッジテストレベルでは、ターンは基本的に「低くなって、立ち上がる動作」が必須になります。

「ターンの基本的な体の動作は、こんな感じなんだな」

このくらいの理解でOKです。

理論武装しても、バッジテストには受かりませんからね。

スノボは、実際に滑ってみて、「体感したことが経験値になる」スポーツだと思います。

筆者は、カービングと向き合って10年以上になりました。

それでも基本は、「低くなる、立ち上がる」で、ほぼすべて解決します。

他にもさまざまなテクニックがありますが、頭でっかちにならず、バッジテスト合格に必要な知識を実践、体感しませんか?

バッジテスト合格への、最短ルートになりますよ!

実際、カービングターンの基礎、テクニカルの分野には沢山の滑り方の種類があります。

筆者みたいなヒトリスト野良スノーボーダーには、手に負えません(笑)

テクニカルの分野に興味がある方は、バッジテスト1級に合格して、ぜひインストラクターを目指されてはどうでしょうか?

合格するためのベーシックの動き方は○○と○○

まずは、1級と2級の検定内容の違いになります。

1級ベーシックカーブロングベーシックカーブショートフリーライディング
2級ベーシックカーブロングカービングターンショートフリーライディング
1級と2級の違い

太字の「ショートターン」の種目だけ違いますね。

上記で紹介しましたが、2級のショートまでなら、楽勝の練習方法です。

それくらい自信のある練習方法で、一発合格を目指されているあなたに、とても参考になりますよ。

関連記事

皆さんはスノーボードで、コブに入ることを特別だと思っていませんか?ちょっと練習すれば、誰でも楽しめる「一つの遊び」と考えることができます。コブを滑るための練習をすると、カービングターンも上達しますよ。このような考え[…]

コブでターン

1級のショートターンのお話です。

もし仮に、今の私が受験する場合の話になってしまいます。

それでも、ショートを加点合格した、知識が参考になると思いますよ。

  • カカト側、つま先側どちらのターンも、前足と頭をノーズに持っていくイメージ
  • 両足均等の荷重で、低くなる
  • カカト側では股関節とヒザ、足首を曲げる
  • つま先側では、ヒザと足首を曲げる。頭の位置は前足にもってくるイメージ
  • 低くなった状態から、前足と頭をノーズ方向にもっていく(立ち上がる)
スポンサーリンク

まとめ

  • バッジテストは「ロングターン」「ショートターン」「フリーライディング」の3種目
  • 合格には、全種目70点を目指そう
  • ロングターンは、真ん中で切り替える意識
  • ショートターンは視線を意識する
  • ショートのオススメの滑走ラインは真ん中
  • フリー斜面はカッコつける
  • フリー斜面は上から確認できないところに、人がいる可能性があることに注意
  • ベーシックとは?
  • 「ターン中に安定したポジションを得るために、低くなる」
  • 低くなったことで、立ち上がりやすくする

おめでとうございます。

バッジ2~1級に合格された、あなたが目に浮かびますね。

「まだまだ!もっと上手くなりたい!」

このように向上心のあるアナタには、こちらの記事が参考になりますよ!

バッジテスト上位の試験です。

とってもハイレベルですよ。

リフトから、尊敬のまなざしの視線を頂けるレベルです(笑)

しかも、大台スキー場で受験可能です!

関連記事

TECH.TEST(ハイクオリティ技術認定制度)とは?TECH.TEST(テックテスト)の難易度や全体像は?どのくらいのレベルなの?合格するための対策方法は?受験資格、費用は?という疑問に答えていきます。私も昔、あまりにも[…]

テックテスト受験時

「上手くなったから、春のスキー場も行ってみたい!」

このような方は大台スキー場と同じ、秋田県内にあるスキー場はどうでしょうか?

関連記事

「都会の喧騒から離れて、春の暖かくなったスキー場でスキーを楽しみたいなぁ」「雪が残っているのなら、まだまだスキー・スノボをしたい!」この記事では、秋田県の阿仁スキー場の魅力と不便さを、全てお伝えしますね。具体的には[…]

阿仁スキー場
関連記事

「春になって、営業しているスキー場が少なくなってきたな」「まだまだ滑り足りない!」「4月~5月でも滑れるスキー場はないの?」「月山ほど、ガチンコじゃなくて、まったり残雪を楽しめるスキー場ない?」5月まで営業している、秋田県[…]

秋八全体図

「どうせなら、県外のスキー場にも行きたいな」

こちらの記事が参考になりますよ!

関連記事

「SNSとかで超長いコブのコースを見たけど、実際はどんな感じなんだろ?」「春になって、車の運転がしやすくなったから、遠くのスキー場にも行ってみたいな」「積雪量が豊富な、岩手県夏油高原スキー場に行ってみたい!」[caption id=[…]

夏油サムネ
関連記事

「道路に雪がなくなって、遠いスキー場にも行ってみたいな」「岩手県の安比高原スキー場は有名だけど、どんなところなんだろ?」「初めて行くから、雰囲気だけでも知りたい!」「4月以降の残雪風景を、見てみたいな」[caption id="at[…]

安比高原スキー場サムネ

「バッジテストで1級に合格したから、自分の実力を試してみたい!」

秋田県内のたざわ湖スキー場で、大会が開催されています。

興味のある方はこちらをどうぞ。

関連記事

「テクニカル選手権に参加してみたいけど、もうちょっと緩い大会ないかな?」北東北ではこのような大会はありませんでした。俗に言われている「草テク」の開催です。ここ数年は、開催されるようになりましたね。秋田県のたざわ湖ス[…]

たざわ湖テク戦風景

皆さんの参考になれば幸いです。

楽しいスノーボードライフを!

それではまた('◇')ゞ

スポンサーリンク
大台バッジサムネ
最新情報をチェックしよう!