急斜面のロングターン

スノボで初心者から中級者へレベルアップする練習方法とは?

  • 「緩斜面でターンできるようになった!」
  • 「でも次は何をできるようになったら、いいんだろ?」
  • 「別に上手くならなくてもいいから、優雅にのんびり滑りたいなぁ」



私もある程度ターンができるようになったとき、具体的なレベルアップの方法がわかりませんでした。


今なら答えはカンタン。

ロングターンです!

ロングターンを練習したり、遊んでいると、このようなメリットがあります。

  • スピードを出すことに慣れる
  • ノーズのコントロールが身につく
  • 後ろ足の操作も覚える
  • ロングターンは「ターンの基礎」が詰まっている
  • ロングターンで日常を忘れよう

では詳細を解説していきますね。


スポンサーリンク

スノボでのロングターンとは?

  • 距離の明確な基準はない。
  • 難しいことは考えず斜面のスミから、スミまで滑ってみよう
  • ターンの基本がつまっている
  • スノボのターンの爽快さはロングターンに全てつまっている

注意事項です。

それぞれ滑走する環境では、人が多いスキー場もあります。

そのような時は自分で、「ここからここまでターンしよう」

このように判断基準を作った方が良いです。

また、上からまっすぐ滑ってくる、滑走者もいます。


自分の身を守るためと、相手への気遣いを考えます。

ターンを切り返すときは、上を「チラッ」と見る癖をつけましょう。



次はロングターンを練習すると、上達する具体的な理由になります。

  • 斜面のスミからスミに行くには○○が必要。
  • ○○のコントロールが身に付きます。
  • 板を○○するためには後ろ足が必要?
  • ロングターンには○○が詰まっている。

以下で詳細を解説しますので、参考にされてください。

スポンサーリンク

斜面のスミからスミに行くには○○が必要

ロングターンはターンの中で一番スピードが出ます。

それに斜面のスミからスミに行くには、スピードも必要です。

じゃないと失速して、途中で止まっちゃいますからね。

それでスピードにも慣れてきますよ。

最初はコワイかもしれませんが、徐々にレベルアップしていきましょう。

○○のコントロールが身に付きます

  • 「板を落とさないとスピードが足りない」
  • 「これ以上板を落としたらスピードが出すぎてコワイ」

※板を落とす=斜面側にノーズを向けること。

こういうのも体感で身に付きます!

ロングターンでスピードを上げる
ロングターンでスピードを上げる
ロングターンのスピード調整
ロングターンでスピードを落とす

このような操作は、前足でのコントロールが必要になります。

スノーボードで前足は、進行方向を決めるハンドルです。

ノーズのコントロールは、ロングターンで上手くなっていきましょう!

「いきなりロングターンはちょっとコワいかも…」

って思った方は、前足の感覚が研ぎ澄まされる練習方法があります。

ノーズドロップを練習すると、ノーズのコントロールがうまくなります。

コブの斜面にも将来役に立つんですよ。

興味がある方はこちらをどうぞ。

合わせて読みたい

皆さんはスノーボードで、コブに入ることを特別だと思っていませんか?ちょっと練習すれば、誰でも楽しめる「一つの遊び」と考えることができます。コブを滑るための練習をすると、カービングターンも上達しますよ。このような考え[…]

コブでターン
スポンサーリンク

板を走らせるため、○○の操作も覚えます

前足に自重を乗せ続けると、板が失速することも学べます。

ターン覚えたての頃は、前足に体重を乗せてスピードを安定させて滑ることが多いです。



中級者になるには、これ以外の滑り方を身につけないとカッコ悪い…。

では具体的にはどうしたらいいのか。

滑っているときに、自分の感覚で構いませんので、以下を行ってみてください。

前足に自重を全力で乗せます
後ろ足も全力でやってみます

「自重を乗せる」とは、自重を乗せたい方のヒザを曲げる意識をしてください。

そうすると、自然と自重を乗せたい方に、身体の重さが伝わりますよ。

後ろ足は板がスピードアップするので滑走には注意してください!

この練習をすると、板の減速や加速を体感しやすくなります。

要は、初心者から中級者への具体的なステップアップとは「後ろ足を使えているかどうか」になります。

斜面のスミからスミに移動するには、この身体の動かし方が必要で、ロングターンを楽しんでいると覚えますよ。

スポンサーリンク

ロングターンは、ターンの基本がつまっています

これら、実はカービンターンの練習方法です。

専門用語を使うのがイヤだったので。

斜滑降とか意味不明…。

どうせなら楽しく上達しましょう♪



カービングターンで重要な要素はこちらです。

  1. 前足操作
  2. 後ろ足軸
  3. センターポジション

上記になりますが、ロングターンを楽しんで練習していると、2つ入ってますね(笑)

前足操作と後ろ足軸です。

しかもこの2つを意識すると、自然とセンターポジションも身についてきますよ。

スポンサーリンク

ロングターンはスノーボードの魅力の1つです

ロングターンで日常を忘れましょう

ナイターは幻想的
ナイターは幻想的です

ロングターンはスノーボードの醍醐味の一つでもあります。

板一本に身を任せて、スピードをコントロールして風を切って滑り降りてくる。

しかも周りは雪景色。

普通の生活では体験できないと思います。



急斜面のロングターン
広い斜面のロングターンは気持ちいいです
スポンサーリンク

ロングターンに慣れてきたら、楽しめる要素がたくさんありますよ

  • フワッフワの新雪を滑る
  • クルージングを楽しむ

では、スノボでロングターンを覚えれば、どのように楽しめるかを一緒に見ていきましょう♪


パウダーライディングの浮遊感で、非現実的な空間を楽しもう♪


新雪のモフモフの雪を、ロングターンで滑ってみてください。

最初は埋まったりして大変かもしれませんが、慣れてくると、これもまたスノーボードの醍醐味のうちの一つですよ!

これを専門で遊んでる人もいますからね!


スキー場をクルージングして散歩しよう♪

広い斜面
広ーい斜面

広ーい斜面ってありますよね?

そこを優雅にまったりロングターンで降りてくる。

斜面全体を散歩する感覚です。

普段は行かないようなところに行くと、新しい発見があるかもしれませんね(^^♪

「楽しむ前にヒールサイドターンで、ズレちゃうんだよなぁ」


このような方もいると思います。

こちらを参考にすると、さらにレベルアップしますよ。

関連記事

カービングターンを練習していると、以下の問題に悩まされませんか?「ヒールターンでズレる」「ヒールでガガガ」「ズレないように滑りたい」「山回りでいつも板が抜けちゃう」「山回りで失速しちゃう」「山回りに入るとき凄い抵抗を感じる」[…]

ヒールサイドターンピーク

また、これから「中級者」から「上級者」と。

ステップアップされるにはホットワックスが必要になってきます。

性能が良い板は「ホットワックスが絶対必要」なりますからね。

ホットワックス歴10年以上の筆者がオススメする、ホットワックスメーカーをお教えしますよ!

ホットワックスに興味があるけど、ホットワックスをかけるのに自信がない方こそ、使って欲しいワックスメーカーになります。

それに以下のワックスを使用すると作業効率が上がり、時間の節約になりますよ!

興味のある方はこちらをどうぞ!

関連記事

「春も滑りたいから、ホットワックスやってみたいな」「ホットワックスは種類が豊富で、何を選んだらいいんだろ?」「ホットワックスはめんどくさいけど、一応滑るからやっている」「めんどくさいけど、家族の分もやっている。時間かかりすぎだわ!」[…]

カシワックス


スポンサーリンク

まとめ

  • ロングターンはターンの基本
  • 前足、後ろ足の感覚がうまくなる
  • 普通の生活では味わえない高揚感を得られる
  • 慣れてきたら、パウダー・クルージングを楽しむ


スノーボードの魅力の一つ、ロングターンは必ず遊んでほしい要素です。

楽しいし、上達するし(笑)


皆さんの参考になれば幸いです。

楽しいスノーボードライフを!!

それではまた(‘◇’)ゞ

スポンサーリンク
急斜面のロングターン
最新情報をチェックしよう!