安比高原スキー場サムネ

いつまで、春の安比高原スキー場のコースを楽しめるのか?【画像付きで解説します】

  • 「道路に雪がなくなって、遠いスキー場にも行ってみたいな」
  • 「岩手県の安比高原スキー場は有名だけど、どんなところなんだろ?」
  • 「初めて行くから、雰囲気だけでも知りたい!」
  • 「4月以降の残雪風景を、見てみたいな」
安比高原スキー場
春の安比高原スキー場を楽しもう!

実際に安比高原スキー場を、体感できるような記事にしました。

画像付きでコースと、安比の施設の紹介になりますよ。

安比高原スキー場に、旅行したような気分になります。

遠くの方は運転が大変ですが、オススメのスポットもありますよ。

さらに「春にしか見られない?」景色を見つけてきましたので、後ほど紹介しますね。

しかも画像が多いので、あっという間に読み終わる内容です。

安比高原スキー場に10年通った、筆者が解説しますよ!

10年くらい前の安比
10年くらい前の安比

ご紹介!春の安比のメインコース【画像付き】

安比高原スキー場は、豊富な積雪量と、全21コースという広大な面積がウリです。

安比高原スキー場全体図
安比高原スキー場全体図

春はこのようになります。

春の安比全体図
春の安比全体図

セントラルクワッド【超初心者向き】

セントラルクワッド
セントラルクワッド
安比は景色も楽しめますね
セントラルクワッドスタート地点

ここのコースは、超フラット斜面→緩斜面→フラットな斜面

このようなコース構成です。

スノーパークもありますが、筆者はケガが怖いので、写真を撮るの忘れました。

ちなみに、雪がなくなるとこんな感じです。

寂しい中央ゲレンデ
寂しい中央ゲレンデ

クワッドを降りましょう。

降りて、左がコース。

右が第2ペアリフト乗り場です。

アッという間に着きます
セントラルクワッド降り場に到着!

第2ペアリフトへ
第2ペアリフトへ
スポンサーリンク

セントラル第2リフト【春はコブが出現します】

第2ペアリフト乗り場
第2ペアリフト乗り場
第2ペアリフトスタート地点
第2ペアリフトスタート地点

ここのコースも緩斜面ですが、「コブ」が出現しますよ!

春のコブはやめられないコブ
まずは緩斜面のコブを楽しむのもあり。

第2ペアリフト乗り場のコース
第2ペアリフトのコースが、緩斜面なのがわかりますでしょうか?

次は、第3リフトのコースです。

セントラル第3リフト【春のメインコース】

春の安比のメインバーン
春の安比のメインバーン

第3ペアリフト乗り場は、第2ペアリフトコースの途中にあります。

もちろん、標高が高いほど気温が低いので、雪は残りやすいですよね。

ですので、第3リフトからが、春の安比のメインになりますよ。

第3ぺアリフト、メインコース
第3ぺアリフト、メインコース

まずは、向かって左側のコースを見てみましょう!

向かって左側のコース
向かって左側のコース
左側のコース入口
左側のコース入口(2022年4月28日撮影)

雪がなくなって、寂しいですね。

ここはコブが激しく出現する、春先には最高の遊び場ですよ!

まだ、雪があったときの写真は、あとで載せますね。

次は右側のコースになります。

向かって右側のコース
向かって右側のコース
第3ペアリフトを降りて左側へ
第3ペアリフトを降りて左側へ

第3ペアリフト右側のコース
到着。左側はオオタカコースの上部。右は下部。

オオタカコース上部
オオタカコース上部(2022年4月28日撮影)

JSBA(日本スノーボード協会)のテックテストの検定バーンですね。

「テックテストってなんだ?」

と、思われた方はこちらをどうぞ。

関連記事

TECH.TEST(ハイクオリティ技術認定制度)とは?TECH.TEST(テックテスト)の難易度や全体像は?どのくらいのレベルなの?合格するための対策方法は?受験資格、費用は?という疑問に答えていきます。私も昔、あまりにも[…]

テックテスト受験時

基本的に、第3ペアリフトのコースは「コブ祭り」です。

ですが、コースの端に形成されているので、コブに興味のない方でも、中央を滑れば存分に楽しめますね。

筆者も下手くそな滑りで、楽しんでますよ。

中斜面のコブ
中斜面のコブ(右側の斜面)

下から見ると
下から見ると

これ以降もあちこちで・・・
これ以降もあちこちで・・・(右側の斜面)

超長いコブコース
超長いコブコース、この下にも続いています(左側の斜面)

このコースをクリアしたとき、思わず「ヒャッハー」

と、おっさんが叫んだのは内緒ですよ。

スキーヤーもスノーボーダーも、コブを楽しめる春は最高ですね。

「スノーボードでコブって滑れるの?」

このように思われた方は、こちらをどうぞ!

関連記事

「春で雪も滑りにくくなってきたから、今年は終わりだな」「春に滑りたいけど、パークはケガしそうでコワイ」「スノボでコブはありえないでしょ(笑)」「コブ滑るってヘン〇イのすることじゃないの?」3月くらいになると、こんな考えも出てくると[…]

秋田八幡平スキー場のコブ

続いては、頂上付近の上級者向けのコースです。

スポンサーリンク

セントラル第4リフト【上級者向き】

第4ぺアリフト、乗り場
第4ぺアリフト、乗り場と降り場
第4リフト乗車
第4リフト乗車

難関の「ハヤブサコース」の紹介です。

ハヤブサコース
ハヤブサコース
ハヤブサコース入口
ハヤブサコース入口

緩斜面に見えますが、このあと奈落に突き落とされます。

注意されてください。

下から見上げると、わかりやすいです。

ハヤブサコース上部
ハヤブサコース上部

画像では、わかりにくいかもしれません。

しかし、とっても急斜面です。

具体的には、斜度は32度です。

基本的に、斜面の斜度が30度超えたら、私はビビります(笑)

初心者・初級者の方は注意されてくださいね。

違う角度からどうぞ
違う角度からどうぞ

だから、ハヤブサコースは嫌いです

チャレンジ精神あふれるコースですね。

さらに別角度から
さらに別角度から

ハヤブサコースの下部も急斜面です。

ハヤブサコース下部
ハヤブサコース下部

大会などに出られる方には、良い練習バーンではないでしょうか?

「スノボの滑る大会なんてあるの?」

このように思われた方は、こちらが参考になりますよ。

関連記事

「テクニカル選手権に参加してみたいけど、もうちょっと緩い大会ないかな?」北東北ではこのような大会はありませんでした。俗に言われている「草テク」の開催です。ここ数年は、開催されるようになりましたね。秋田県のたざわ湖ス[…]

たざわ湖テク戦風景

「グダグダリフトなんかで登れるか!もっと便利なものはないの?」

安比ゴンドラ【頂上まで駆け上がれ!】

安比ゴンドラに乗ろう!
安比ゴンドラに乗ろう!

安心してください。

履いてますよ登れますよ。

乗車時間は12分30秒です。

頂上までは15分30秒
頂上まで12分30秒
春の安比の景色を楽しもう
春の安比の景色を楽しもう

秋田県にある、阿仁スキー場のゴンドラよりは短いですね。

「阿仁スキー場?知らないわ!」

と、思われた「山好きの、田舎のスキー場が好きな」あなただけの記事にしていますので、参考にされてください。

関連記事

「都会の喧騒から離れて、春の暖かくなったスキー場でスキーを楽しみたいなぁ」「雪が残っているのなら、まだまだスキー・スノボをしたい!」この記事では、秋田県の阿仁スキー場の魅力と不便さを、全てお伝えしますね。具体的には[…]

阿仁スキー場
頂上付近です
頂上付近です

ゴンドラ降り場(2階)の英語です。

意味は以下になります。

  • 身体が丈夫であれ
  • 欲望に捉われるな
  • 怒りに捉われるな
  • 静かに楽しみを育てろ

カンタンに訳すと、こんな感じです。

休憩室もあります
自販機などの、休憩室・トイレもありますよ

春にしか味わえない、安比高原スキー場、頂上付近の景色は後ほど紹介しますね。

ちなみに、安比高原スキー場最長のコース「ヤマバトコース」

緩斜面が多いので、春の雪だと、失速して止まる可能性があります。

春の雪で失速して、何度もスプレーワックスするのはめんどくさいですね。

解決方法は、こちらの記事が参考になりますよ。

関連記事

「今までスプレーワックスを使っていたけど、板走らないし、何度も塗るのがめんどくさい!」「でも、ホットワックスって難しそう・・・」「春は雪が汚くなって、板が走らない。解決方法はあるの?」「初期費用は、どのくらいかかるの?」「メーカーのマニュ[…]

ホットワックスセット

関連記事

「春も滑りたいから、ホットワックスやってみたいな」「ホットワックスは種類が豊富で、何を選んだらいいんだろ?」「ホットワックスはめんどくさいけど、一応滑るからやっている」「めんどくさいけど、家族の分もやっている。時間かかりすぎだわ!」[…]

カシワックス

次は安比高原スキー場の、施設の紹介です。

スポンサーリンク

なぜ、安比の施設をウロウロするだけで楽しいのか?

安比の施設
安比の施設

安比高原スキー場の入り口は、2つあります。

安比の施設を、散歩してみましょう。

まずは、安比ゴンドラの近い方に入ってみましょう。

メインの入り口
メインの入り口。4月の平日などは、安比ゴンドラに近いところに車を停めましょう。

安比プラザ入口
安比プラザ入口

リフト券売り場です。

4月後半の平日は、ここしか営業していないので、この近くに車を停めよう。

リフト券料金の詳細は、あとで詳しく解説しますね。

少し奥に進むと。

ロッカールームや、レンタルがあります
ロッカールームや、レンタルがあります

階段を登ります。
階段を登ります。

安比ゴンドラ乗り場に到着です。
安比ゴンドラ乗り場に到着です。

2階に登って長い廊下を歩くと?
2階に登って長い廊下を歩くと?

ショッピングモールみたいなところにでます。
ショッピングモールみたいなところに出ます

この画像は、2022年4月28日の画像です。

ゴールデンウィーク直前の、準備段階ですね。

4月上旬に訪れた際は、おみやげに苦労することはないほどの、ショップがあります。

スキー・スノボを楽しみに来たのに、気づいたら「ショッピングモールに来てた」

と、錯覚するほどのラインナップですよ。

ちなみに、安比のアイスは圧巻の美味しさですので、興味のある方は参考にされてくださいね。

全体図はこんな感じになります。

施設全体図
施設全体図

土日限定のクレープ屋さんも、営業しています。

土日にやっている、クレープ屋さん
土日にやっている、クレープ屋さん

筆者は、普段は甘いものに興味がありませんが、それでもなぜか、引き寄せられるクレープ屋さん。

クレープ屋さんメニューその1
クレープ屋さんメニューその1

メニューその2
メニューその2

メニューその3
メニューその3

メニューを見ずらい方は、親指と人差し指で画像を広げると見やすいですよ。

普段、甘いものに興味のない筆者でも、食べたい欲求のトリコになりました(笑)

4月上旬の日曜日に、購入しようとした午後の15時。

10人くらい人が並んでて、やめました。

クレープ屋さんの味は、安比高原スキー場に訪れた方の特権になりますね。

ここからもう一つの入り口になります。

クレープ屋さんのすぐ近くですね。

クワッドリフトに近い入口
クワッドリフトに近い入口。

こっちは「エレベーター」もありますよ。

安比高原スキー場の散策は楽しいです。

次は、リフト券の情報になりますよ。

「APPI PLAZA(安比プラザ)」と書かれている方に入ってみます。

スポンサーリンク

もし財布を忘れても、スマホがあれば、なんとかなるリフト券売り場

安比プラザ入口
安比プラザ入口

「どこのリフトから乗るか」

「車を停めた場所から近いところ」などで、購入される場所が変わりますね。

ショッピングモールのリフト券売り場
ショッピングモールのリフト券売り場

土日や、4月の上旬だと、こちらでもリフト券を購入できます。

こちらはセントラルクワッドリフトに近い、リフト券売り場です。

安比ゴンドラまでは、少し歩かないといけません。

リフト料金はこちらです。

3月後半からシーズン終了まで、「春の料金」ですよ。

トップシーズンだと、もう少し割高です。

業種大人シニア中~高校生小学生
5時間券3,900円3,000円2,600円2,400円
1日券4,200円3,300円2,900円2,700円
すべて税込み金額(2022年4月現在)

各種クレジットカードと、PAYPAYが利用可能でした。

さらに、「岩手県民割」「北東北割」などの各種割引もあります。

筆者は秋田県民ですので、一日券が1,980円で購入できました。

しかし、この値段は安比40周年のプレミアムな値段ですね。

2023年以降は、岩手県の隣県の方は、500~1,000円くらいの割引きになると思います。

免許証や保険証、マイカードの提示でカンタンに割引きになりますので、ぜひ利用しましょう。

ちなみに、岩手県北上市にある豪雪で有名な夏油高原スキー場。

こちらのリフト券の料金です。

業種大人シニア・学生中~高校生小学生
5時間券3,900円3,700円2,500円1,500円
1日券4,200円4,000円3,000円2,000円
すべて税込み金額(2022年4月現在)

「夏油高原スキー場?聞いた時があるけど、行ったことがないんだよね」

このように思われた方は、夏油高原スキー場を体感できるような記事がオススメですよ。

関連記事

「SNSとかで超長いコブのコースを見たけど、実際はどんな感じなんだろ?」「春になって、車の運転がしやすくなったから、遠くのスキー場にも行ってみたいな」「積雪量が豊富な、岩手県夏油高原スキー場に行ってみたい!」[caption id=[…]

夏油サムネ

次は、ランチの紹介です。

ランチの種類が多すぎて、悩んでいる間に、一日終わってしまう理由とは?

ランチの種類は、200種類以上あります。

ランチで悩むのも、楽しみの一つではないでしょうか?

メインの食堂
メインの食堂
メイン食堂2
メイン食堂2

営業終了後の画像です(2022年4月28日現在)

しかしこの種類の豊富さは、トップシーズンの対応ですね。

第3ペアリフト乗り場付近。

「レッドハウス」でも、昼食が楽しめますよ。

「写真はないの?」

すいません。

写真を撮ろうと思ったら、お客さんもいないし、店員さんだけの気まずさマックス!

だったので、写真は撮れませんでした。

スポンサーリンク

安比の駐車場は、広すぎるんですか?

クワッドリフトに近い入口
クワッドリフトに近い入口。

この画像の、階段からの撮影です。

駐車場左側
駐車場左側
駐車場右側
駐車場右側

画像は平日ですが、まず駐車で困ることはなさそうです。

もし忘れ物をしても、レンタルがありますから

レンタルもあります!
レンタルもあります!

春の残雪を楽しまれる、スキー・スノボ好きの方はレンタルされることはないでしょう。

しかし、忘れ物はありますよね。

そんなときの、心強い味方ですね。

頂上付近の景色と、謎すぎる神社

安比高原スキー場の頂上付近
安比高原スキー場の頂上付近

ここまで読んでいただいた、あなただけのサービスになります。

安比高原スキー場頂上付近の、雄大な景色を楽しんでくださいね。

第4ペアリフトを降りると?
第4ペアリフトで頂上を目指します
頂上付近の山々が一望できます
頂上付近の山々が一望できます
少しゴンドラ方面に進むと?
少しゴンドラ方面に進むと?
展望台!
展望台!

ここは、立ち入り禁止になっていました。

「クソがっ!!」

と、思いつつ。

フッと、右側に視線を送ると?

謎の階段を発見。
謎の階段その1を発見。

滑ることしか考えていない筆者にも、心を奪われる謎の階段(笑)

登ってみると?
登ってみると?
雄大な景色!
雄大な景色!
自然はちっぽけな、悩みを忘れさせてくれます
自然はちっぽけな、悩みを忘れさせてくれます

ちなみに、自然の景色は「バイオフィリア」という人間が求める本能です。

わずか0.2秒、自然を見るだけで、ポジティブな影響を受けますよ。

さらに登ってみます!
さらに登ってみます!
謎の階段、その2を登る
謎の階段、その2を登る
小さい公園に到着
小さい公園に到着
本当の頂上に向かう
本当の頂上に向かう

お気づきの通り、安比高原スキー場の本当の頂上になります!

トップシーズンでは積雪量が多く、アクセスできないので気づけないですね。

普通にスキー・スノボをしていたら、見逃しちゃいます。

ぜひ、頂上の景色をお楽しみください。

有名な岩手山
有名な岩手山(標高2,038m)
アップでどうぞ
アップでどうぞ
西森ゲレンデが見えますね。
春は閉鎖されている、西森ゲレンデが見えますね。
八幡平でしょうか?
八幡平でしょうか?(標高1,613m)

謎の池も見えました
謎の池も見えました
展望台全体図
展望台全体図

空中庭園的な感じですね。

スポンサーリンク

安比高原スキー場に近い、ホテルを解説します

アクセスはめちゃくちゃ便利
アクセスはめちゃくちゃ便利

筆者は泊まった時がないので、オススメのホテルは紹介できません。

グーグルで一番の人気は、画像の黄色い建物です。

価格もリーズナブルですね。

歩いて、200mです。

クリックすると公式サイトへ→ANAクラウンプラザリゾート安比高原

筆者が小さい頃に、安比高原スキー場に連れてもらっていた頃。

「いつかは泊まってみたいな」

なんて、思ってました。

これ以外で宿泊されるなら、近場のホテルで、まったりくつろぎたいですね。

近場のホテルは、以下になります。

ググるよりは、時間に短縮になるかと思います。

参考にされてください。

その他、たくさんのホテルがあります。

ホテル探しもワクワクするのが、安比高原スキー場の魅力ですね。

安比高原スキー場へのアクセス方法とは?

安比高原スキー場への移動
安比高原スキー場への移動

筆者は自家用車派なので、自家用車専門のアクセス方法です。

高速道路が近くにあるので、アクセスは便利です。

  • 青森IC(インターチェンジ)から、最寄りの安代(あしろ)まで1時間40分→国道282号線から約20分
  • 八戸ICから、最寄りの安代(あしろ)まで1時間40分→国道282号線から約20分
  • 秋田中央ICから、最寄りの松尾八幡平ICまで2時間30分→県道45号線から約20分
  • 仙台宮城IC(東京方面含む)から、松尾八幡平ICまで2時間20分→県道45号線から約20分

筆者は、秋田県在住ですが、高速道路は利用しません。

なぜなら、高速料金を払うくらいなら、リフト券に使いたいからです。

自然の景色を、楽しみたいからです。

もしこのブログを読まれている秋田県民の方は、小岩井農場経由の道路をオススメします。

スマホなり、カーナビで「有料道路は使用しない」や「距離優先」

これらの設定をすると、小岩井農場経由を楽しむことができますよ。

なぜ、小岩井経由をオススメするのか。

ここまで記事を読んでいただいた、あなただけのサービスになっちゃいます。

スポンサーリンク

安比へのアクセス道中は、おまけが盛りだくさん

小岩井農場の桜
小岩井農場の桜

春先の安比は時期にもよりますが、桜を楽しむことができますよ。

安比高原スキー場から、盛岡方面に用事のある方。

高速道路を通らずに、国道282号線を岩手県の、盛岡方面に南下しましょう(筆者は、この道路が大好きです)

小岩井農場を通る際に、人生観を変える自然と出会うからです。

帰り道の岩手山
帰り道の岩手山(4月上旬に撮影)

この写真を載せたくて、この記事を書いたといっても過言ではない、写真があります。

ですが、一旦寄り道しましょう。

安比高原スキー場から、盛岡市方面に車で20分くらい。

nollegretto(ノレグレット)
nollegretto(ノレグレット)さん

毎年毎年、安比に通うたびに気になってました。

アイス屋さんですが、中に入ると食事のメニューもありましたよ。

チョコアーモンドソフトクリームを食べてみました。

正直、甘いものはそんなに食べない筆者ですが、気づいたらなくなるほどの美味さです。

自然な甘さで、アイスもコーンも、口の中で溶ける。

あまりにも美味しそうなので、写真を撮るのを忘れました。

駐車場も広いです
駐車場も広いです(店舗前から撮影)

ノレグレットの意味は、岩手県の八幡平地方の方言で「末広がりにいっぱいにある」という意味だそうです。

こだわりがエゲつない店っぽいです。

興味のある方はこちらをどうぞ→nollegretto(ノレグレット)


見てほしい写真は、小岩井農場の一本桜です。

一本桜アップ
一本桜アップ
小岩井農場一本桜
小岩井農場の一本桜
一本桜を遠くから撮影
一本桜を遠くから撮影(後ろは岩手山)
さらにアップ
さらにアップ

正直、生で見るのと画像では、雲泥の差になります。

このブログも見ていただいている人に、少しでも魅力が伝われば良いと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 春の安比のメインは第3ペアリフトのコース
  • 宿泊で困らない
  • アクセスは便利
  • 頂上の景色は圧巻
  • 安比は少し、雪解けが早い印象
  • 帰り道も楽しめる

安比高原スキー場に興味のある方や、初めて行く人に案内できるような記事にしました。

この記事を読んで、「安比高原スキー場に行ってみるかな」と、思ってくれていたら最高ですね。

春の残雪を楽しみましょう。

リゾートじゃなくて、もっと田舎の山がいいな!」

ゴールデンウィークまで楽しめるところない?

このように思われた方は、こちらが参考になりますよ。

関連記事

「春になって、営業しているスキー場が少なくなってきたな」「まだまだ滑り足りない!」「4月~5月でも滑れるスキー場はないの?」「月山ほど、ガチンコじゃなくて、まったり残雪を楽しめるスキー場ない?」5月まで営業している、秋田県[…]

秋八全体図

みなさんの参考になれば幸いです。

楽しいスノーボードライフを!

それではまた(‘◇’)ゞ

スポンサーリンク
安比高原スキー場サムネ
最新情報をチェックしよう!